CP型枠協議会

協議会の概要

 CP型枠施工の流れ

1.根切り

根入れ深さは土質により35cm、かつ擁壁高さの15/100、45cmかつ20/100の規定がある。

2.地業

栗石地業の上に捨てコンクリートを打つ。表面には墨出しを行う。

1.根切れイメージ

2.地業イメージ

3.配筋

スラブ筋、壁縦筋ハンチ筋を組立てる。(かぶり厚さは6cm)せき板を取付ける。

4.コンクリート打ち

基礎スラブのコンクリート打込み。強度は21N/mm2スランプは15cm。

3.配筋イメージ

5.CP型枠の組積

縦遣方にならい、CP型枠(1段目はハンチ用)の組積みを行う。目地モルタルの強度は24N/mm2

6.配筋

CP型枠の組積時に壁横筋を配置する。(かぶり厚さはシェルを除き正面側3cm、背面側4cm)

5.CP型枠の組積イメージ

6.配筋イメージ

7.型枠の組立て

ハンチ・屈曲部及び端部にはせき板を取付ける。取付け前には掃除をする。

8.コンクリート打ち

CP型枠を養生してコンクリートを打込む。強度は21N/mm2、スランプは18cm。

7.型枠の組立てイメージ

8.コンクリート打ちイメージ

9.透水層の設置

水抜きパイプは壁面3m2に1個、フィルタを取付けた後、透水層(シート又は裏込石)を設ける。

10.埋戻し

コンクリートの強度が発生した後、発生土または砂質土で埋戻しながら転圧をする。

9.透水層の設置イメージ

11.完成

地表面の不陸をとり、良質土をまきかけ締固める。

注意

屈曲部(角度60°〜120°)は、背面を1辺50cmの長さの2等辺三角形の大きさでコンクリート補強をする。伸縮目地は20m以内ごと、屈曲部周辺の1辺、擁壁の大きく変化する個所に設ける。

施工は国土交通大臣認定の「CP型枠擁壁築造仕様書」に基づいて行ってください。

CP型枠擁壁の断面形状は構造計算によって安全を確認してください。

11.完成イメージ

(C)Copy Right 2014 CP FORM ASSOCIATION,All Rights Reserved.